原発事故の直後から食の安全性が叫ばれています。放射能は未だに不明なところが多く、国の基準は絶対的なものではありません。当然ながら関東よりも西日本や九州などの地域は、放射能の汚染がかなり少ないので、通販で安全野菜を入手することもありえます。

放射能汚染のない野菜はどのエリアのものがよいか

放射能汚染の少ない、あるいは無い地域というのは、日本ではどこになるでしょうか。
例えば、沖縄や北海道などは、最も安全と言えそうなエリアです。
一つ気を付けたいのは、風向きなどによって局地的に汚染が高い地域があるくらいです。
ただ、それでも、頭に入れて置くべきという程度のものです。
沖縄は野菜の種類が限られていますし、北海道も含めて輸送がネックになるでしょう。

では、九州や西日本はどうでしょうか。
放射能汚染について、全国地図に汚染状況を図で表したものを見てみると、種類によってまちまちですが、全体としては関西から西の地域は、汚染の度合いは非常に低い、あるいは無いに等しくなっています。
また、太平洋側よりは日本海側がより安全というデータになっています。
放射能汚染のない野菜を求める際には、キーワードは西日本となるでしょう。
また、念には念を入れて、考えて見ると、西日本の中でも中国地方、九州などが最適です。

日本は全国的に農業地帯が広がっていますが、九州などはその中でも一大農業地帯を有しています。
野菜の種類も豊富であります。
そのほか、北海道という選択肢もあるでしょう。
野菜の種類や寮で言えば、北海道は一番です。
ただ、放射能の安全性という観点では、北海道も安全な地域には間違いありませんが、それを上回って西日本や九州が優秀です。
食に対して普段から気を使っている人は、これを覚えておくといいでしょう。

 

このページのトップへ