原発事故の直後から食の安全性が叫ばれています。放射能は未だに不明なところが多く、国の基準は絶対的なものではありません。当然ながら関東よりも西日本や九州などの地域は、放射能の汚染がかなり少ないので、通販で安全野菜を入手することもありえます。

特に放射能汚染が表れやすい野菜はなんなのか

放射能汚染については、いろいろな視点がありますが、中でも一般市民が気をつけるべきことに、食の安全性があります。
野菜の放射能汚染について、はっきりしたことは言えませんが、例えば放射能汚染が現れやすい野菜があります。
このようなすぐに役立つ情報を知っておくと、普段の生活にも十分活かせるでしょう。
放射能汚染が表れやすい野菜としては、例えばほうれん草があります。
ほうれん草は鉄分などを摂取するのに役立つ野菜ですので、代わりのものとしては納豆やレバーなどがいいでしょう。

他にも、注意が必要なものとしては、ニラネギキャベツなどといった比較的ポピュラーな野菜があります。
放射能汚染を避けるために、これらの野菜を避ける、そして別の食物で代用するというのは確かに有効でしょうが、かなり手間がかかることがわかるでしょう。
このような問題に対しては、例えば安全性が高い地域から野菜を取り寄せるという方法があります。
日本の中では、特に西日本は安全性が高いでしょう。
例えば東京ならば、多くの野菜は東関東の地域、あるいは東京近郊からやってきます。

しかし、西日本、関西や九州などにも大規模な農業地帯があり、そこからも野菜が入ってきます。
ネックとなるのは輸送ですが、最近は運送に関する消費者が支払うコストは随分安くなっています。
なお、放射能汚染が表れやすいものとしては、他にはたけのこ、きのこなどがあります。

 

このページのトップへ