原発事故の直後から食の安全性が叫ばれています。放射能は未だに不明なところが多く、国の基準は絶対的なものではありません。当然ながら関東よりも西日本や九州などの地域は、放射能の汚染がかなり少ないので、通販で安全野菜を入手することもありえます。

現在の、野菜の放射能汚染の状況

東日本大震災から数年が経ち、現在は被災地の復興が着々と進んでいます。
そんな中、放射能の問題は依然として明確な解決方法が見えていない状況です。
福島県はもちろん、関東一帯の市町村も、程度こそ違えど、放射能の影響を受けています。

原発事故の直後から、例えば食の安全性が叫ばれています。
例えば東京などでは、千葉、茨城、栃木などといった、東の地域で収穫された野菜がスーパーに並んでいます。

そんな野菜の安全性について、きちんと気をつけている人は東京よりも西の地域などから、野菜を取り寄せている場合もあります。

放射能汚染のない安全野菜を求めて子育て主婦が体験した野菜宅配通販

野菜の放射能汚染の状況については、はっきりとしたことは正直なところわかりません。
ただ、国の基準値というものがあり、それをクリアした野菜、あるいは土地からとれた野菜が、市場に並ぶわけです。

しかし放射能というのはその影響が未だに不明なところが多く、国の基準とは言えそれは絶対的なものではないですし、原発事故を見てもわかるように、放射能は常に万が一を想定する必要があるのです。
ただ、はっきりしたこともいくつかあります。

例えば、当たり前のことですが、関東よりも西の地域は、放射能の汚染がかなり少ないです。
風向きなどによって例外の地域もあるものの、例えば関西や九州などまでいけば、その安全性はかなり高くなります。
野菜の放射能汚染の状況について、これは有用な情報の一つと言えるでしょう。

 

このページのトップへ